さと芋を収穫後、食用保存と翌年の種芋にすることを目的に

By | 1月 13, 2018

Q:昨秋さと芋を収穫後、食用保存と翌年の種芋にすることを目的にさと芋を株ごと発泡スチロール箱に入れ、モミガラを十分に詰め込み蓋をして年を越しました。本日箱の蓋を開けてビックリ、モミガラの上面はうっすらカビて完全に湿気を帯びています。芋はカビて柔らかく腐敗。廃棄処分せざるを得ません。昨秋は収穫出来たことを喜んでいたのに残念です。正しい貯蔵方法を教えてください。

 

A:収獲後7~10日間芋が乾くまで干します、十分乾いた芋を今までと同じ方法で良いですので保存します、気よつけていただきたいのは芋は生きていますので呼吸をしていますので必ず蓋の所に穴をあけていく必要があります、今回芋が腐ったのは息が出来ずにおこったと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です